確実かつ自動でのプレートレイアウト

あらゆる形式で入力し、あらゆる機器へ出力

Adobe の® PostScript® /PDF ライブラリを搭載しているため、様々なデザインソフトウェアで作成されたデータをインポートでき、お客様環境のあらゆる CtF、CtP、プルーフシステム向けのデータをエクスポートできます。 レイヤー機能によって、抜木型、トラッピングレイヤー、SmartMarks、バーコード、インキとその属性といった情報を画面上で分かりやすく確認できます。


構造デザインのインポート

高度な CAD データインポート機能によって、確実な自動プレートレイアウトが約束されます。Plato は、CFF、DDES、ArtiosCAD ファイル形式の読み込みに対応しています。殖版のパラメータ、シートやボードのサイズ、ニス加工の領域など、あらゆる情報が読み込まれます。


抜木型にもとづいたグラフィックのマスク調整

Plato の自動マスキングツールは、印刷されない部分を定義し、グラフィックデザインが不要な部分が隠れるようにするために、マスクから特定のパネルを除外したり、単面のカットライン(抜木型の輪郭)からマスクを作成したりすることができます。


プレートにもとづいたマスク調整

SmartFlaps™ は、重なっているグラフィックを最適な状態に自動調整します。自動調整されたマスクに対して、ユーザーが微調整することも可能です。設定した内容にしたがって、プレート上の類似したマスクすべてに同じ調整が適用されます。


裏面レイアウトの作成

パッケージやラベルの両面への印刷はますます増えています。表面と正確に一致する裏面のレイアウトを作成できるのは、Plato の SmartFlips だけです。


印刷生産管理用マークの自動作成

SmartMarks 機能によって、カラーバー、コーナートンボ、カットトンボなど、印刷物製作工程で使用されるマークを自動作成できます。テキストマークで XMP データを使用できるようになるなど、新たな機能が追加されていくことによって、SmartMarksはその価値を実証し続けています。動的な設定が可能なため、ジョブの変更に自動で適応します。


ニスブランケットの作成

Plato の CAD ファイルインポートツールを使用すると、ニスブランケット分版の作成が大幅に自動化されます。プレート上のニス部分を、時間をかけて引き直す必要がなくなります。


ステーション番号

Plato では、シート上の位置を表すステーション番号の「プレースホルダー」を挿入できます。プレースホルダーには、印刷時の位置、フォント、サイズ、インキなどの属性を指定します。16 種類の事前定義設定にしたがって自動処理させることも、インタラクティブに番号を指定することもできます。各ステーションに番号付けをするだけでなく、抜きで生じる損紙を一意に特定し、印刷後の品質チェック効率を最大限に引き上げます。これらのプレースホルダーについては、ArtiosCAD で定義したものを Plato へインポートすることも可能です。


JDF へのエクスポート

JDF への書き出しに対応しているため、業界標準のワークフロー自動化コンセプトにもとづき、プレート部門の作業と業務プロセスの連携が強化されます。


QuickStep 対応

QuickStep をご利用の場合、GRQ ファイルに完全対応している Plato 7 へのアップグレードは合理的かつ簡単です。QuickStep の繰り返し計算式を、グリッドベース面付けツールで再編集できます。


カラー情報を一元管理

ファイル、フォント、画像、プロダクション仕様の他にも、ブランドとパッケージングに使用する重要な色情報も共有する必要があります。

ArtPro、PackEdge、Plato だけでなく、Adobe® Illustrator® や Adobe® Photoshop® でも同じ色情報を使用できます。ここでの目標は、色を予測できる環境を作り、色に関する重要な意思決定をサプライチェーンのどこからでもできるようにすることです。Color Engine もご覧ください。

お問い合わせ
Esko

問い合せフォーム


サインアップ
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.