Kongsberg Automate

Kongsbergカッティングテーブルは柔軟性と処 理能力のために設計されています。処理する 必要がある資材に関係なく、フィニッシングワー クフローの特定の部分をさまざまな方法で自 動化できます。

画期的な自動化

数々の優れたイノベーションが、デジタルフィニッシング作業のパフォーマンスを産業レベルまで高めます。

この自動化オプションで、Kongsberg C & Kongsberg X カッティングテーブルを最大活用できます。


ロボット工学を採用

Kongsberg カッティングテーブルでは、ロボット工学を活用した準備もご利用いただけます。 ロボットアームが新たな資材を搬送し、完成した資材を排出するなど、テーブルとの連携も完璧です。

ロボットアームは、テーブルのマルチゾーン機能を使用します。 POP 資材やパッケージ向けに特化した生産環境にロボット作業を採用すると、最も時間のかかる生産ライン外作業である搬送を短時間で行うため、 生産のスピードアップが可能です。


i-BF ボードフィーダーで生産性が向上

i-BF ボードフィーダー は、Kongsberg C & Kongsberg X カッティングテーブル向けの高容量シートフィーダーシリーズです。

Kongsberg テーブルを使用する短納期ジョブの生産性を高め、オペレーターの時間を節約します。 パレットから迅速かつ正確に段ボール、厚紙、およびプレスチックなどの資材を毎分 4 フィードの割合で連続搬送するi-BFボードフィーダーは、 資材をテーブルへと遅延なく送るため、テーブルの稼働率 100% を実現します。


マルチゾーンプロダクション:Kongsberg カッティングテーブルの性能を最大限に発揮

2 つのゾーンで別々の作業を可能にする Kongsberg テーブルの機能、それがマルチゾーンフィニッシングです。

この機能は特に、大型の Kongsberg テーブルで役立ちます。 オペレーターは片方のゾーンで作業をしながら、完成した印刷物を片付けて新たなシートを搬送するなど、もう一方のゾーンを準備に使用することができます。 一方のゾーンでオペレーターが作業や準備をし、別のゾーンで装置に作業をさせることも可能です。


新登場:Device Manager

Device Manager でフィニッシング作業を管理:

  • 正確な生産計画
  • 作業待ちのジョブを優先順位付け
  • 緊急ジョブの割込
  • 作業量を均等に配分
  • 大判印刷ジョブのワークフロー全体を最適化する大きなメリットは、これだけではありません。

コストや断裁時間の正確な見積りから準備時間の短縮化、スループットの向上に至るまで、プロセス全体のワークフローを統合します。 デジタルフィニッシングがこれほどまでパワフルに、スマートになったことはかつてありません。 生産現場の効率的な管理に必須のツールを、ぜひご利用ください。

お問い合わせ
Esko

問い合せフォーム


サインアップ
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.