Imaging Engine

品質、柔軟性、パワー


HD Flexo:フレキソ印刷品質の新たな標準

HD Flexo は、その保証された品質がフレキソ印刷業界全体で急速に認められつつあります。

Esko CDI イメージング機器との併用により、HD Flexo はフレキソプレート作成を大幅に改善します。ラベル印刷、軟包材パッケージング、段ボール印刷での階調範囲を拡げます。

画像はよりなめらかに、詳細までくっきりと印刷されます。これにより、棚に並べたパッケージングのインパクトが大きくなります。


オープンスタンダードを使用した連携

Imaging Engine は Esko Software Suite の構成要素で、プリプレス製作ツール一式を装備しています。

ジョブが 1 つの構成要素から次へとスムースに流れ、オープン XMP 標準を使用してメタデータをプロダクションファイルに保存します。これにより、時間がかかるばかりか間違いが発生しやすい情報の再入力を防ぎます。

自由自在にコントロール

スクリーニング角度やドットゲインなどの主要 RIP パラメータはすべて、シンプルな「Pilot」インターフェースを通して設定可能です。さらに、柔軟性のある「規則」論理を作成するのも簡単です。これらのパラメータは、インキ名やインキの種類などの値にもとづいて自動的に設定されます。また、パラメータは Smart Name に対応しているため、Automation Engine の他の部分や MIS システムからでもコントロールできます。


PressSync

PressSync は、独自の印刷曲線の作成や維持に伴う問題を排除するシステムです。

PressSync は、測定済み印刷曲線を同期曲線と置き換えます。この曲線は、オフセット印刷とフレキソ印刷の両方に最適化されています。このため、自然に発生する印刷のばらつきを均等化し、印刷の性質に適合させます。

PressSync は、Imaging Engine に搭載されている Curve Pilot アプリケーションに完全統合されています。PressSync を i1iO 測定機器とリンクすることにより、ISO や GRACoL などの標準を満たす曲線を計算できます。曲線は、プロダクションシート測定値から簡単に更新できます。印刷条件が変更されても、印刷標準への準拠は維持されます。



色管理を効果的に使用

曲線や印刷標準を制御することにより、色管理プルーフ、高性能スクリーン(Concentric など)、Expanded Gamut Printing を容易に使用できます。

お問い合わせ
Esko

問い合せフォーム


サインアップ
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.