Digital Flexo Suite

効率的なデジタルフレキソ

Digital Flexo Suite の標準機能により、オペレーターは複数のジョブを準備しながら、同時に複数の CDI を動かすことができます。イメージング後に断裁されたプレートすべてに対して、請求書を発行するための詳細な製作レポートが作成されます。

フレキソプレートは、ビットマップファイルのサイズに自動的に断裁されます。ホットフォルダー機能は、PlatePrep の基本機能を自動化します。さらに、ハイエンドビューアでは、イメージング前にビットマップファイルの詳細な検査が可能です。


オプション機能

  • Tiff 出力で、統合したファイルをイメージセッターや Tiff イメージング機器に送信
  • Bevel Cut は、45° フレキソプレート断裁用ソフトウェア & ハードウェアを搭載(主に段ボールに使用)
  • ネスト形状やスタッガード形状の断裁に使用する Staggered Cut。波形の断裁ラインはウェブ全体に(主に軟包材パッケージング用)
  • オプションのマウントデバイス(PlatePatcher、Digital Flexo Suite for Corrugated のみ)
    • アナログ円形紙マウントは、Bieffebie Omnia 338(EPS ファイル形式)に直接接続する際の出力フィルタ
    • Automount Macroflex は、DuPont の Macroflex(DHM ファイル形式)に直接接続する際の出力フィルタ
    • Automount Heaford は、JMHeaford マウントデバイス(CSV ファイル形式)に直接接続する際の出力フィルタ
    • Automount Optimount は、AV Flexologics Optimount(MOM ファイル形式)に直接接続する際の出力フィルタ
    • PreMount は、フレキソプレートスラッグをイメージング前にキャリアシートにマウントする画期的な技術
お問い合わせ
Esko

問い合せフォーム


サインアップ
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.