DeskPack


InkTools for Adobe® Photoshop® (PC/Mac対応)

パッケージングの印刷会社では、標準的なプロセスインク (CMYK) 以外の特色インクセットを使用して、大ロット印刷で重要となる色のゆらぎを排除する場合が多くあります。印刷インクの総数を少なく保つために、通常は CMYK で印刷する連続階調画像を、標準的なインク以外に再分版する必要があります。

Esko は特許取得済みの独自技術を使用して、スポットカラーの組み合わせがどのように印刷されるかを画面に正しく表示します。


特色インクセット分解用 InkSwitch

InkSwitch モジュールは、画像のカラーガモット全体を分析し、元の色にマッチする最適な色分解セットを新たに計算します。Esko のカラーマネージメントに関する経験にもとづいて、包括的な印刷機のフィンガープリントテストをする必要なく、極めて正確に行われます。印刷インクの変更による影響は、分版の変更前後を画面に表示させることで、すぐに確認ができます。

Adobe® Photoshop® 用スポットカラーツールは、マルチチャンネルファイルの分解と編集に革新をもたらしています。CMYK スキャンデータは、どのような色セットにも簡単に再分解できます。分版を一つ一つ修正するという無理な作業の必要はなく、画像全体を処理できます。ジョブに使用されているインクをミックスして新しい色を作成したり、既存の色ミックスをそのまま使用して、フルカラープレビューに直接ペイントしたりできます。スポットカラーオブジェクトは、柔軟かつクリエイティブな処理を可能にするために、別のレイヤーに配置します。印刷結果プレビューを表示しながら、各分版でのノックアウトなどが自動調整されます。


Adobe® Photoshop® 用スポットカラーツールのメリット

  • スポットカラー分版の作成時間を大幅に短縮
  • Esko-Graphics’ 特許取得済みインクプロファイリング技術の搭載により、フィンガープリントテストを少なく
  • 動的バージョニングサイクル中でも編集を可能にするためのレイヤーサポート
  • インク消費量を抑える InkSwitch
  • InkSwitch で印刷単位を削減できるため、時間と製作コストを節約
  • スポットカラーの使用で品質が向上
    • カラーバランスの向上
    • インク濃度管理の向上
    • ドットゲイン管理の向上
お問い合わせ
Esko

問い合せフォーム


サインアップ
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.