Automation Engine

プリプレス業務の中核






スケーラビリティ

システムに接続するクライアント数や、必要となる生産性に応じて、Automation Engine はさまざまな拡張が可能です。より多い処理能力が必要であれば、システムを追加して負荷を割り当てたり、ハードウェア障害に備えてフェイルセーフ装置として運用することもできます。

ソフトウェアも同様にモジュール方式になっています。モジュール方式の採用により、さまざまな機能を持つモジュールの中から、必要に応じた選択が可能になります。そのため、必要なオプションを設定して製作システムを最適化し、また、後から機能を追加することができます。

フリーガイド

パッケージングの自動化に関する5つの誤解

ダウンロード
お問い合わせ
Esko

問い合せフォーム


サインアップ
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.