Esko がフィニッシング製品 Kongsberg の Kongsberg V シリーズを発売 - Esko

Esko がフィニッシング製品 Kongsberg の Kongsberg V シリーズを発売

2014年5月20日

ゲント (ベルギー), 2014年5月20日 – Esko (www.esko.com) は、世界トップクラスのデジタルフィニッシングテーブルシリーズである Kongsberg を拡張して新しい Kongsberg V シリーズ をリリースすることを発表させていただきます。

Kongsberg V cutting table
 

Kongsberg V カッティングテーブルは、パッケージングを行う企業や提供内容に生産的なデジタル仕上げを施そうとするサイン & ディスプレイマーケットに対して、信頼性、精度、使いやすさを提供します。Esko Kongsberg ファミリーの堅牢性を組み込まれた新しい V シリーズは標準設定を実装しており、極めて広い範囲のパッケージングやサイン & ディスプレイ用途に対して最高の品質の仕上げが可能です。

「Kongsberg V シリーズは、有名な Esko Kongsberg X シリーズと最近発売された広いタイプの C シリーズプラットフォームを組み合わせています」と、Esko のデジタルフィニッシング VP である Marian Zincke は述べています。「V シリーズの発売は、弊社のデジタルカッティングソリューションファミリーを拡張するものであり、エントリーレベルの裁断ソリューションを必要としながらも品質、精度、信頼性に妥協したくない企業にアプローチできるものとなっています。」

標準設定による費用対効果に優れた裁断

Esko Kongsberg V シリーズは、2 つの標準設定でご利用いただけます。それぞれ、マーケット特有の事例を処理するのに必要なツールが採用されています。

  • サイン & ディスプレイ用 Kongsberg V には、視覚制御の裁断やルーティングのための MultiCUT ツールヘッドが採用されています。MultiCUT は、挿入ツールの全オプションと最高 45.000 RPM の空冷フライス主軸の組み合わせであり、アクリルその他の合成樹脂を含め、幅広いサイン & ディスプレイ素材に対して最適な選択肢となります。また、カメラシステムおよび革新的なフロントエンドソフトウェアによって、本製品は少量のサイン & ディスプレイ製品に対する完璧なソリューションとなっています。
  • パッケージング用 Kongsberg V は、サンプル作成、短期間のモックアップ製品、その他パッケージング特有の事例に対して特別に設定されています。この製品は FlexiHead を実装しており、高い正確性、パワフルな裁断、折り畳みの箱や段ボールといったパッケージング素材へのスジ入れなどが可能です。. FlexiHead は、裁断、スジ入れ、ルーティング時にツールの深さを制御する極めて精度の高いサーボ軸に取り付けられています。設定可能な 3 つのツールステーションは、フルレンジの標準挿入ツールに対応します。

「Esko は、昨年アジアでこの新しい裁断テーブルファミリーに関する市場での検証を開始しました」とデジタルフィニッシングバイスプレジデント Marian Zincke は語っています。「結果は、エントリーレベルの魅力的な価格でハイエンドのデジタルフィニッシングソリューションを求めるニーズがグローバルに明らかに存在しているということを物語っていました。まさにそれこそ Kongsberg V がもたらすものなのです。このユニークなプラットフォームのサイズと標準設定は、弊社のマーケットリサーチに基づいて、もっとも一般的な仕様を満たすように設計されました。弊社では、本製品は Kongsberg マシンの特徴である生産性、信頼性、高い精度を特定の用途においてのみ求めるお客様に最適なものであると考えています。」

堅牢な構造

Kongsberg V シリーズは、あらゆる Kongsberg テーブルに見られるのと同じ堅牢な構造を有しています。これによって本製品は、長年にわたって生産に使用できるようになっています。Kongsberg V は V20 と V24 の 2 種類のサイズでご購入いただけます。作業可能サイズは、1700x1300 mm  /  66x51インチ (V20)、1700x3200 mm / 66x126インチ (V24) となっています。

Kongsberg V 裁断テーブルはさまざまなツールを提供しており、裁断、スジ入れ、穴開け、プロッティングなど幅広い用途に高い品質で応えます。これらの新しいテーブルは、印刷するとゆがむ材質ですら正確に印刷から裁断への見当合わせを行う i-cut Vision Pro カメラシステムなど Kongsberg テーブルを有名にした多くの機能が搭載されています。各挿入ツールは一意のバーコードによって識別されるため、迅速に間違いなく交換することが可能であり、また簡単に所定の位置に装着することができます。挿入ツールのナイフは、薄い紙や合成樹脂のシートから丈夫なパッケージング素材やディスプレイ素材まで、幅広い材料の裁断に関して使用可能です。ラック & ピニオン駆動システムは、優れた軸制御によってパワーバランスを取り、スピード、耐久性、強度を保証します。

Esko Kongsberg 製品ファミリー概要

  • Kongsberg C シリーズ: 高い生産性を持つ大きなタイプのテーブルは、2-3 m の幅の柔軟性を持つ素材の混合物を仕上げるために設計されており、サイン、ディスプレイ、パッケージング用途の固い素材への需要にも対応しています。C シリーズは、大判印刷に対応しながら高い生産能力を有する最初の製品です。
  • Kongsberg X シリーズ: もっとも総合性の高い高品質のデジタルフィニッシングプラットフォームです。サイン & ディスプレイアイテムあるいは折り畳み箱サンプルのための小さいタイプの Kongsberg XE。丈夫な素材を仕上げる能力を持ち、もっとも多彩な用途に対応する Kongsberg XN プラットフォーム。継続的な製造ニーズを持つ企業のための Kongsberg XP。XP は半自動あるいは完全自動設定でご購入いただけます。
  • Kongsberg V シリーズ: エントリーレベルのデジタルカッティングソリューション。サイン & ディスプレイおよびパッケージング用の標準設定を備え、幅広い素材に対して高品質の仕上げを保証します。 

Kongsberg V フィニッシングテーブルは、全世界で Esko の直接あるいは間接の販売チャンネルからご購入いただけます。このテーブルは 2014年を通じて多くの業界イベントで展示されます。