作業中の Kongsberg C - Esko

作業中の Kongsberg C

2014年5月22日

 


新登場の Kongsberg C テーブルは、今日および未来の高速大判印刷に対応します。
Kogsberg C は、多用途性正確性生産性の標準を上回り、Kongsberg テーブルが誇るすべてを備えているだけでなく、

サイン、ディスプレイ、パッケージング用途向け初の多機能超大判デジタルフィニッシャーです。


Kongsberg C が象徴するもの:

  • Capability(機能性)
    厚みのあるものから薄いものまで、あらゆる種類の基材を処理します。
  • Capacity(処理量)
    3kW 連続使用高性能ミリングユニットを備えた唯一のスーパーワイドフィニッシャーです。
  • Consistency(安定性)
    扱いにくい資材や複雑なジョブでも、常に変わらぬ性能を発揮します。
  • Choice(選択肢)
    サイズと生産性を両立するため、さまざまな用途向けに専用のデジタルフィニッシャーを揃える必要はありません。
  • Complete(完全性)
    ハードウェア、ソフトウェア、ビット、ブレード、サービスのすべてを完全ソリューションとして提供します。