ESKOソフトウェア 最新ニュース(WHAT’S NEW)

ESKOソフトウェアの 最新ニュースを ご案内させていただきます

ArtiosCAD 18.1

ArtiosCAD プリフライト

ArtiosCAD 18.1 に業界初の機能を搭載:ArtiosCAD プリフライトは、ソフトウェア ベースの機能で構造デザインの品質をチェックし、評価用や本番用にリリースされる前に潜在的な問題を警告します。 デザインを最適化して迅速かつ正確に無駄を排除し、デザインから抜き型作成までの反復サイクルを減らすことができます。

手動スキャンやデザイン チェックにかかる時間をデザイン 1 つあたり 15 分削減できます

ArtiosCAD 18.1 の ArtiosCAD プリフライトは、2020 年 4 月 30 日まで無料トライアル版をご利用いただけます。

  • サイズ変更可能なデザイン テンプレート
  • スタイル カタログに、新しい ECMA カートン箱のデザインが追加されました。

    スタイル カタログに、新しい FEFCO 段ボール箱のデザインが追加されました。

  • 線種の選択がさらに簡単
  • デザイン時に属性ページを表示できます。

    デザイン時にショートカットで簡単にアクセスできます。

  • 自動パン機能
  • 作図ウィンドウの端でパン & ドラッグでき、デザイン作業が簡単かつ高速になります。

  • 3D の折りたたみがさらに簡単
  • 何度もクリックしたりマウスを動かしたりする必要がなく、よく行うデザイン作業を高速化できます。

    ダブルクリックするだけで 90° または -90° に折りたためます。

  • 3D 表示がさらに簡単
  • カスタム ビューを保存しておくと、デザインの向きをすばやく変えられます。

    ビューを 3D PDF にエクスポートし、関係者と共有できます。

  • 多言語(UTF)に対応
  • どの言語版の ArtiosCAD でも多言語の文字を表示できます。

  • プロジェクト クリエイターに対応
  • WebCenter で「プロジェクト クリエイター」と定義された企業ユーザーはプロジェクトを作成できます。

    プロジェクト クリエイターはプロジェクト マネージャとは限りません。

    操作は WebCenter UI と共通です。

  • ドキュメント製作に便利なリビジョン文字
  • レイアウトでデザイン リビジョンを簡単に識別できます。

    ファイル名表示にリビジョン文字が入ります。

  • メニュー プラグインとの統合をサポート
  • ArtiosCAD のカスタム メニュー オプション内から実行ファイルを起動できます。

    実行ファイルにドキュメントとメタデータを渡すことができます。

    別途プログラミングする必要はありません。

  • その他の機能
  • ブリード ツール

    ストレッチ ポイント ツール

    カスタム ツール バーが 150 個に増加(システムによって異なる)

ArtPro+ 18.1.1.

アウトライン化したバーコードやバーコード画像をソースから入手し、編集できるよう変換した上で、認識されたバーコードと元のアウトラインとの違いを検出できます。

ArtPro+では、必要な寸法を入力するか、アートワークから図面を選択することで、円錐グリッドを作成できます。アートワークから選択する場合、選択した図面に合わせてワープ エンジンが自動的にパラメータを計算します。一度グリッドを作成すると、従来の GRID ファイルと同様にアートワークを曲げることができます。

従来のシュリンク スリーブ グリッドにも対応できるようになりました。GRID または GRD ファイルを使って曲げる場合、シュリンク スリーブ グリッドかどうかを ArtPro+ が自動的に検出します。シュリンク スリーブ グリッドでは、形状の全周囲で等しいディストーションになるよう、曲がったグリッドが、選択対象を中心に自動的に水平に移動して、「視心」が曲げの中心になります。

ページ ボックスや選択対象に対し、または列/行の使用時に、寸法線を追加できます。インスペクターを使って、寸法の見た目や位置を定義できます。寸法の設定は、ファイルを保存するまで編集できます。

選択したスポット カラーに近くなるよう CMYK カラー ミックスを変換できます。選択した色がある色合いに属している場合、すべての色合いが選択したスポット カラーに対応する色合いに変換されます。

このバージョンでは、Dynamic Marks が大きく改善されています。

  • 新しい「エリア テキスト(Area Text)」 マーク:テキスト ボックスの枠内にテキストを配置できます。テキストが増えると、テキスト ボックスに入るよう折り返すか縮小します。
  • 新しい「指定回数で繰り返し(Repeat by Count)」マーク:選択したオブジェクトの形状を指定回数反復したり、属しているページ ボックスやその他のマークの大きさにフィットするよう反復したりします。
  • 新しい「クリップ(Clip)」マーク:たとえば、特定のサイズの四角パッチをページ ボックスに合わせて切り取り、完全なパッチで終わらせて正確に測定できるようにする場合などに使われます。
  • 新しいインク フィルター:どのマークにも、塗りつぶしとストローク用に同じ 4 つのインク フィルター(静的カラー、動的カラー、濃色カラー、レジストレーション カラー)があります。
  • テキスト マークの変数を追加:
    • 分版:短縮分版名、省略分版名、インク ブック、分版インデックス、分版印刷方法、インク使用量
    • ドキュメント:フォント名
    • リンク:構造デザイン ファイル
    • サーバー(名)
    • 水平ベアラ バー:「ベアラ バー(Bearer Bar)」マークを、属しているページ ボックスやオブジェクトの上下にも配置できます。
    • 「すべての分版に繰り返し(Repeat for Separations)」マークがマルチカラーに対応:コンテンツに複数のインクが使われている場合、分版に繰り返すインクや、その他のインクの処理(濃色分版へのマッピング、静的のまま維持、削除など)を選択することができます。
  • 注:Automation Engine のタスクやワークフローでこうした新しいマークや機能を利用するには、Automation Engine 18.1 のホットフィックスを入手してください。このホットフィックスは、AP+ 18.1.1 のリリース後まもなく提供されます。

次の新しい PDF アクション が追加されました。

  • PDF ファイルの配置
  • 構造デザインの配置
  • 十字線の配置
  • オブジェクトの展開

アクション リストを編集する場合、アクション リストの特定のパラメータが空欄や無効な組み合わせだと、警告が表示される場合があります。

注:Automation Engine(バージョン 18.0 以上)を ArtPro+ 18.1.1 のアクション リストの追加機能と同期させる場合、Automation Engine をご利用のお客様は、Automation Engine を使用しているサーバーに PDF Action List Processor for AE をインストールできます。AE 18.0 または 18.1 のライセンスをお持ちであれば、MySoftware.esko.com でダウンロード ファイルを入手できます。

CADベースのステップ アンド リピートを作成する場合、MFG または CF2 ファイルを使って裏ページも作成できます。

対応バーコード タイプにバーコード タイプ SICK が追加されました。このコードは 2 進法または 10 進法で表すことができます。

新しい品質管理ツールにフレキソ印刷プレビューが追加されました。プレビューでは、印刷可能な最初のドットを下回る場合は0%と表示し、印刷可能な最初のドットを表示します。

このバージョンでは、比較機能が向上しています。比較では、トリム ボックスのサイズや位置に関わらず、可視オブジェクトに基づいて自動的に並べるので、トリム ボックスのサイズが異なるファイルでも並べることができます。

参照ファイルが開いていれば、検索しなくても簡単にファイルを比較できます。

従来は埋め込み画像を 1 つずつ抽出する必要がありましたが、選択したすべての埋め込み画像を一度に抽出してリンクできるようになりました。

Share & Approve 19.07

  • 機能の強化
    • E メールをカスタマイズ
      • E メールのスタイルや内容を設定できます。
      • 「E メールのマスター」を変更できます。この変更は、すべてのE メール タイプに影響します。
      • E メール タイプを個別に変更できます(未登録ユーザーとリンクを共有するときに送信するメッセージなど)。
      • ファイルのサムネイルを E メールに追加できます。
    • 承認の転送:
      • 承認者は、別の登録ユーザーや未登録ユーザーに(E メール リンク経由で)承認を転送できます。
      • オリジナルの承認は、当該サイクルで保持したり置き換えたりできます。
      • 承認サイクルごとに拠点レベルで機能をオン/オフできます。
    • ArtiosCAD ファイルのサムネイルを利用できます。このサムネイルは SVG 形式で、ピクセル サムネイルより線をはっきり表現できます。
    • 2D Viewer を強化:
      • バーコード リーダー:バーコードを読み取ったり、バーコード自体を入手したり、バーの幅を自由に増減したりできます。
      • 点字リーダー:点字を判読可能なテキストに変換できます。
      • テキストの読み取り性能が向上
        • テキスト検索
        • フォント検出
        • フォント サイズのチェック
    • 3D Viewer を強化:
      • 既存の 3D Collada ファイルから(白)プレースホルダーを使って、またはアップロードしたPDFファイルから、新しい 3D 図形をオンザフライで作成できます。同じ形状を様々なグラフィックスと組み合わせて再利用する場合に利用できます(バリエーションのある製品のラベルや、主要パッケージが同じで言語が異なる場合など)。
      • ArtiosCAD (ARD) ファイルを 3D で表示できます。ARD ファイルを表示して 3D ボタンをクリックします。Share & Approve が ARD ファイルから折りたたみ角度を抽出し、それに応じてデザインを折りたたみます。
      • ドキュメントごとに 3D 設定を記憶できます。ユーザーの役割がエディターであれば、3D 設定を保存できます。同じドキュメントを後で表示する場合、ビューアの起動時に、選択した 3D 設定を自動的に読み込みます。3D を利用して 2D ファイルを承認するときに非常に便利です。2D ファイルの確認/承認時、2D と 3D を横に並べて承認者に提示できます。
      • 高速化
    • 装置タイプに新しくWebCenter が追加されました。これにより WebCenter を Esko Cloud に接続でき、WebCenter の今後のリリースに備えています。
    • 移動および名前の変更:ドキュメントやフォルダを移動したり名前を変更したりできます。
  • 使いやすさの向上
    • 大きなサムネイルを表示するグリッド ビュー
      • グリッド ビューとリスト ビューのどちらをデフォルトにするか、設定で決めることができます。
      • 新規ユーザーの場合は、変更しない限りグリッド ビューがデフォルトになります。
    • ランディング ページを、「ドキュメント(Documents)」、「最近開いたファイル(Recent)」または「承認(Approvals)」に設定できます。
      • 外部の新規ユーザーの場合、設定で変更しない限り「承認(Approvals)」がデフォルトのランディング ページになります。
      • 内部ユーザーの場合、「ドキュメント(Documents)」がデフォルトのランディング ページになります。
    • 登録ユーザーとの共有(ユーザーの招待)とリンクの共有のどちらの場合も、「ユーザーと共有(Share User)」インターフェースから直接承認を要求できます。
    • リンクは複数ユーザーと一括共有できます。
      • 各ユーザーが異なるリンクを取得します。
      • 承認の要求と組み合わせることで、同一段階の変更承認において各ユーザーが承認者になります。
    • 有効期限切れのトライアル版を、データの損失なくサブスクリプション版にアップグレードできる期間が、30 日から 90 日に延長されました。 新規トライアルに限り適用されます。
    • オンライン ヘルプが拡張されました。情報ボタンが多数追加され、ウィンドウが開いて説明を表示します。
  • 品質の向上/従来の制限を排除:
    • 完了後削除されるドキュメントが、「承認済み案件(My Done Approvals)」に表示されるようになりました。
      • 承認の判断は表示されますが、ドキュメントを見ることはできません(削除されます)。
      • 表示される情報(残りの「承認済み案件(My Done Approvals)」など)は、履歴(ドキュメントが削除されたときに記録)から取得されます。
    • ユーザーの役割がエディターであれば、自分が所有していないドキュメントの承認サイクルを開始できます。
    • 自動抜き型検出や、3D ビューでのカッティングの機能が向上しました。
お問い合わせ
Esko
お問い合わせ


ニュースレターを受け取る
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.
This website uses cookies and other tracking technologies. By using this website, you are agreeing to our
Privacy Policy.